自動車向けに大量の鋼板を納めている新日本製鉄は、EV向けの半導体分野でも商機をうかがっている。