“誰でも作れるクルマ”の登場で、参入障壁が劇的に下がった自動車産業。各地でEVベンチャーが林立し、電機、素材勢はパーツ市場への進出を狙う。充電設備を備えた次世代住宅など、思わぬ新市場も生まれている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り198文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 走り出すEV産業」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。