“誰でも作れるクルマ”の登場で、参入障壁が劇的に下がった自動車産業。各地でEVベンチャーが林立し、電機、素材勢はパーツ市場への進出を狙う。充電設備を備えた次世代住宅など、思わぬ新市場も生まれている。