脱原発のドイツに対し、今後10年で発電量に占める原発の割合が5割にも達する見込みのフィンランドは、地層処分の計画が順調に進む数少ない事例の1つ。計画通り2020年に最終処分場が稼働すれば、世界初の事例となる。建設場所は、フィンランド南西部のオルキルオト。稼働中の2基に加え、出力160万キロワットの大規模原発の建設が進む、陸続きの“原発の島”に、広大なトンネルを掘る計画だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1357文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 原発の後始末」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。