「核のゴミ」の地層処分計画は、世界各地で国を揺るがす問題となっている。脱原発のドイツでは計画が白紙に戻り、米国や英国では核不拡散政策の重要課題に。順調に計画が進む稀な事例はフィンランド。解決には時間をかけた合意形成が必要だ。