放射性廃棄物、つまり核のゴミは、主に原子力発電所と再処理工場から発生する。定期点検などで生じる放射線レベルの低い廃棄物は、ドラム缶などに入れ、低レベル廃棄物処分場に埋設する。処分が困難なのが、再処理工場から生じる高レベル廃棄物だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り708文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 原発の後始末」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。