血管経由で医療器具を体内に埋め込む「カテーテル治療」が広がる。大がかりな手術なしで、致死率の高い大動脈瘤などを治せる時代に。カテーテル治療を前提にしたハイブリッド手術室も新設ラッシュだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3497文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2012年1月30日号 90~92ページより目次