改造車の祭典、「東京オートサロン2012」が25万人を集客。若者のクルマ離れはいずこ、と思わせるほどの活況を呈した。今や自動車メーカーも熱視線を送り、趣向を凝らす。