2012年の国内自動車販売のカギを握るのはトヨタ自動車だ。昨年までの鬱憤を晴らすかのような新型車ラッシュが控える。子会社のダイハツ工業を含めて「トヨタ一色」の可能性もある。