1月14日に実施された台湾の総統選挙で、国民党の馬英九(マーインジョウ)総統が民主進歩党の蔡英文(ツァイインウェン)主席を退け当選した。中国との融和を進めてきた馬総統の再選で、台中関係の深化が予想され、産業界などには歓迎ムードが広がる。