倒産寸前――。1999年にCOO(最高執行責任者)に就任したカルロス・ゴーン氏は同年10月に中期経営計画「日産リバイバルプラン」を発表するも、株式市場を含め、周囲は懐疑的だった。「再生など可能なのか」と。