利益を確保したうえで、投資すべき分野を徹底的に攻める「新・売上高経営」。新興国、新規事業、人材・・・。トップラインを伸ばす手法は1つではない。メリハリの利いた積極投資で売上高を増やし、日本企業の強さの原動力を呼び覚ませ。