「企業の経営トップは本音では、トップラインを伸ばしたくて仕方がないのです。成長は欠点を隠しますから。売り上げや製品・サービスのシェアを伸ばしていれば、会社の欠点を周囲からあれこれ指摘されることが減りますからね」。日本IBMで経営コンサルティングを手がけている金巻龍一常務執行役員は、こんな話をしてくれました。