社員研修の充実は、社員に成長の実感を与えると同時に、企業や経営陣に対する信頼をもたらす。社員の研修時間が最も長かったのは、日本イーライリリーの年間104時間だった。背景には製薬業界共通の「事情」のほか、社員の質を高める同社特有の取り組みがある。