企業のダイバーシティー推進が叫ばれる中、長く働き続けるには出産・育児に対する企業側の理解や相応の環境整備が必要だ。