この1年で全社員に在宅勤務を認めた会社がある。2012年版ランキングの8位、セキュリティーソフトを開発・販売するトレンドマイクロだ。導入のきっかけは、やはり東日本大震災にある。地震の被害や原発事故で、社員の出社や企業活動の継続が危ぶまれた会社は少なくない。被災地から離れた首都圏でも一時、計画停電などで出社や業務に支障を来した。そのような状況下で、同社は迅速に「全員が在宅でも仕事ができる仕組み」作りに奔走した。