昨年の福島第1原子力発電所の事故以降、反原発の機運が高まっている。私は決して、原発推進の立場ではない。けれども今後の日本の電力供給については冷静に考えなくてはならないと思っている。