ホンダの2足歩行ロボットASIMO(アシモ)が一段の進化を遂げている。とっさの機転を利かせて手足を器用に動かし、状況に応じた適切な行動が可能になった。あたかも人間のような行動の実現で、将来的な実用化の可能性が広がってきた。