2011年、日本の芸能界は「韓流ブーム」が席巻したとのこと。東南アジアでも同様で、数年前からの韓国のポップカルチャーの浸透は目を見張るものがある。