「世界の工場」。この表現が広く使われるようになったのは、2000年11月に日経ビジネスが「気が付けば 中国は世界の工場」という特集を掲載したのがきっかけでした。家電や衣類など多くの分野で中国製品が世界シェアトップに躍進し、品質面でも日本と拮抗しようとしていることを詳報することで、中国とのつき合い方やモノ作りのあり方を抜本的に見直す必要があることを指摘した企画でした。今回あえてその「世界の工場」というキーワードをリセットします。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り654文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。