「世界の工場」。この表現が広く使われるようになったのは、2000年11月に日経ビジネスが「気が付けば 中国は世界の工場」という特集を掲載したのがきっかけでした。家電や衣類など多くの分野で中国製品が世界シェアトップに躍進し、品質面でも日本と拮抗しようとしていることを詳報することで、中国とのつき合い方やモノ作りのあり方を抜本的に見直す必要があることを指摘した企画でした。今回あえてその「世界の工場」というキーワードをリセットします。