年明け早々、米国株式市場で関心を集めたのが写真用品大手のイーストマン・コダック。株価が1ドルを下回る状況が続き、証券取引所の上場基準に抵触する恐れが出てきたためだ。