三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱樹脂はリチウムイオン電池の材料として、耐熱性が高いセパレーターを開発した。電池の中で正極と負極を仕切るこの材料は電気のショートを防止する働きなどがあり、安全性を確保するために重要な材料だ。温度が異常に上がっても溶けにくいセパレーターは、電池の事故が人命を左右しかねいEV(電気自動車)に欠かせないとされる。同社はEV向けを念頭に、2013年度から本格的に量産する。