労働者不足と同時に、中国を襲うもう1つの人口問題がある。2040年、65歳以上の高齢者人口が3億1720万人に達すると国連は予想する。中国は今後、「老人大国」になる。全人口における高齢者比率こそ21.8%で、日本の36.5%と比べれば低い。だが、年金で支えなければならない人口が3億人を超える衝撃は大きい。その負担が中国社会に深刻な影響を与えることは間違いない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1482文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「世界の工場」が終わる」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。