安い労働力を使った「世界の工場」モデルが崩れ、大変革の波が押し寄せた。最先端のロボットが大量投入され、未来のiPhoneはロボットが作るかもしれない。人手不足と高齢化で起きる社会変動の狭間に、日本企業のチャンスも見えてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3872文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「世界の工場」が終わる」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。