圧倒的な人件費の安さと豊富な労働力で世界中の製造業を引きつけてきた中国。その強みが急速に薄れてきている状況を受けて、米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は2011年8月、米産業界に衝撃的な提言を行った。少なくとも北米市場向けの製品について、5年以内に中国より米国で製造した方が有利になると予言したのだ。