圧倒的な人件費の安さと豊富な労働力で世界中の製造業を引きつけてきた中国。その強みが急速に薄れてきている状況を受けて、米ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は2011年8月、米産業界に衝撃的な提言を行った。少なくとも北米市場向けの製品について、5年以内に中国より米国で製造した方が有利になると予言したのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1060文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「世界の工場」が終わる」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。