廃墟と化した東莞市(広東省)の工場。ヨレヨレのスーツを身にまとった男が、さびついた門のカギを開けてくれた。彼がいた守衛室をのぞき込むと、3畳ほどの狭い空間に布団が敷かれている。彼は住み込みで門番をしているという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1198文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「世界の工場」が終わる」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。