不登校の子供やその家族に救いの手を差し伸べる。現場からの教育改革を手がけるのは、若きエリート女性だ。自身の経験を基に、「認める」教育の拡充を目指す。