昨年12月24日、政府は2012年度予算案を粛々と閣議決定した。1月下旬からの通常国会でこれが審議される。予算案の作成と決定は政策行為の中で最も重要なものであり、予算は時の政権の姿勢を映す鏡となる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1448文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題