年明け、中国の共産党首脳が最も気になるのは自らの世代交代よりも台湾の動向だろう。国家元首に相当する総統ポストを巡る選挙が1月14日に実施されるからだ。