高い燃費性能を持つディーゼルエンジンを見直す動きが広がっている。「空気を汚す」と言われた排ガスをきれいにする技術が大きく進歩したためだ。走りの性能も含めて磨きをかければ、エコカーとしての期待が高まりそうだ。