2011年は節電関連商品の需要拡大や経費抑制効果で業績堅調な企業が目立った小売業界。スーパーやコンビニエンスストアは、調理済みの食料品を購入して家庭で食べる中食傾向の強まりも追い風になった。一方、百貨店は専門店との競争激化で苦戦が続いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2176文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2012年世界を読む 指標100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。