2011年は振るわなかった日本の株式相場。日経平均株価は3月の震災ショックで急落した後、夏場にかけて1万円の水準まで盛り返したものの、そこからは徐々に値を下げて8000円台前半へと落ち込んだ。欧州債務問題の深刻化や為替の円高定着が響いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2220文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2012年世界を読む 指標100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。