世界経済が視界不良となる中、インフレが止まらないインドが苦悩している。金融緩和による内需刺激策が取れず、一歩間違うと経済は失速しかねない。景気軟着陸が課題となる中国を含め、新興国は世界の成長エンジンであり続けるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1838文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2012年世界を読む 指標100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。