リーマンショック後、家計部門のバランスシート調整が長引く米国。欧州の財政危機を背景に外需頼みも揺らぎ始めるなど「日本化」の様相も指摘される。米景気は回復するのか、失速するのか。カギとなる雇用や消費などの指標から読み取る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1908文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2012年世界を読む 指標100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。