M&A(合併・買収)と猛烈経営で知られる日本電産の永守重信社長。だが、その裏には「ガンバリズム」とは異なる素顔が隠されていた。世界有数のモーターメーカーを育てた“永守流”価値創造経営を語ってもらう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4147文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題