「これは、不毛な与野党対立を変え、政治が動くきっかけになるはずだ」。昨年の3月11日。東日本大震災の発生直後、民主、自民両党の複数の中堅議員はこう口を揃えた。  未曾有の危機に、与野党の垣根を超え、政治がオールジャパンで迅速に立ち向かう。被災地はもとより、多くの国民がそれを渇望したはずだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4818文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 脱「亡国の政治」計画」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。