2011年を振り返ると、戦後かつてない大震災と、それに続く原子力発電所事故によって、日本の活力が大幅に落ち込んだ。歴史的な円高や日本国内の電力供給の不安定さを受け、海外に出る企業は今後、一層増えるだろう。