酒を飲んで深夜に帰宅し、翌朝までこたつで眠り込んでしまったDさん(42歳)。くるぶしの発赤に気づき受診すると、低温やけどと診断された。