失われた「日本製」への忠誠を取り戻す方法はあるのか。ヒントは震災や節電など厳しい環境下でも売れた国内メーカーのヒット商品にある。過去の成功や社内のしがらみを振り払い、消費者のニーズに応えることが唯一の道だ。