食品売り場には韓国製品が並び、家電量販店で米国製品が脚光を浴びる──。日本に大きな被害をもたらした東日本大震災は消費のあり方も変えた。国内のメーカーが停滞する陰で、海外勢の存在感が増してきたワケとは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4805文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「日本製」離れの衝撃」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。