官民ファンドの産業革新機構が、液晶分野に2000億円の投資を決めた。ソニー・東芝・日立製作所の事業を統合し、国際競争での生き残りを目指す。再編を主導したのは、農業をこよなく愛する遅咲きの金融マンだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4149文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題