現在の3カ年の中期経営計画で総額2兆~2兆5000億円の投資を計画する。世界経済の低迷で、主力の資源分野も市況悪化が懸念される。内向きになる日本。だからこそ継続的な投資の必要性を説く。