少なくとも外需中心の製造業は、2012年も苦しいでしょう。ユーロ安・ドル安はさらに進むでしょうし。