2012年から日本のモノ作りは間違いなく崩壊に向かいます。自動車の国内生産量は現在の3分の1以下になり、家電の生産量はゼロに近づいていくでしょう。