2009年3月期の赤字転落以降、トヨタの業績は低空飛行が続く。円高など製造業を襲う荒波をまともに受けたためだ。新たな道を模索する背景には、強みが弱みに変わった王者の苦悩がある。