トヨタが生産体制を見直しているのは国内だけではない。海外工場でも、クルマを安く作るための工夫が進む。円高で競争力を失った国内工場に代わる、新たな輸出拠点に育てるためだ。