トヨタは新興国企業との競争に向けて、グループが抱える車体メーカーの見直しを進めている。東北は生産拠点を持つ3社を統合することにより、地域・車種ごとの分業体制を明確にした。