東北で、新興国に勝つためのトヨタの新たなモノ作りが動き出す。小さな工場で大量生産を超える。工場を中心としたエネルギー改革も始まろうとしている。クルマ作りの抜本的な見直しは、海外にも広がっている。