東京電力と政府の原子力損害賠償支援機構は12月9日、「改革推進のアク ションプラン」を発表。合理化策の実行スケジュールなどを示した。人件費 の削減や設備の効率化などで10年で2兆6488億円のコスト削減を見込む。