パナソニックが力を入れているアジアパシフィック、さらには中近東やアフリカといった地域を対象に、グローバル人材の採用・育成などに当たっているのが、シンガポールの中心地にオフィスを構えるパナソニック・アジアパシフィックだ。アジアでのオペレーションでは約50年の歴史を持つ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2683文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2011年12月19日号 52~53ページより

この記事はシリーズ「特集 目指すは日本人上司ゼロ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。