新興国の中で市場として最も注目されているのが中国だ。日経BPビジョナリー経営研究所が2011年9月に実施した「経営者調査」で、回答企業354社の半数が中国を1位に挙げた。だが、その中国市場で日本企業は苦戦している。善戦しているのはコマツや日立建機、三菱電機などインフラ系企業。一般消費者市場ではキヤノンや資生堂、ユニ・チャームなど決して多くない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2512文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 目指すは日本人上司ゼロ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。